デザイン学習【初心者】 デザイナーの働き方

Webデザイナーになれなかった!諦めた!人の7つの特徴

Webデザイナーを目指していたけど…

「夢半ばで諦めてしまった!」

という人は、世の中にはたくさんいます。

試験や資格が必要な職業ではないので、途中で諦めなければWebデザイナーになること自体の難易度はそこまで高くありません。

「Webデザイン専門学校→会社に就職」という王道ルートを踏めば、Webデザイナーになれる可能性はグンと上がります。

 

それでもなぜWebデザイナーになれず、諦めてしまう人が後を絶たないのか・・・

当記事では「Webデザイナーになれなかった!諦めた!」という人の特徴をご紹介します。

 

今からWebデザイナーを目指している人はもちろん、Webデザイナーを目指して挫折しかかっている人もモチベーションアップのために参考にしてください。

 

Webデザイナーになれなかった!諦めた!人の7つの特徴

Webデザイナーになれなかった!諦めた!という人の特徴は、以下の通りです。

  • Webデザイナーという職業に夢を見すぎていた
  • 長時間のパソコン作業が苦痛
  • 年齢的に難しかった
  • 未経験からフリーランスになっても仕事がなかった
  • コネクションを形成できなかった
  • 学習時間が取れない
  • 独学でWebデザインを学んだ

ひとつずつ解説しますね。

 

Webデザイナーという職業に夢を見すぎていた

「デザイナー」と名のつく職業は、一見して華やかに映るかもしれません。

クリエイティブでおしゃれな環境に身を置き、パソコン1台で場所を選ばずノマド的な働き方ができる・・・。

そんなイメージが先行しているかもしれませんね。

 

確かにデザイナーにはそんな一面もあるのですが、想像以上に地味な作業が多いことも事実です。

長時間パソコンと睨めっこは当たり前。
一人でコツコツと作業に没頭しなければなりません。

クライアントや上司に無茶振りをされることも良くあり、納品前は連日の徹夜が常習化することも。

 

もちろん職場環境がクリーンであれば長時間労働は避けられるかもしれませんが、「身も心もズラボロ」になるまで働きづめになってしまう経験は、デザイン業界で働いている人の“あるある”とも言えます。

休憩もきちんとあって定時退社で決められたことを毎日こなす…という働き方を好む人には、正直向かない職業ですね。

 

長時間のパソコン作業が苦痛

Webデザイナーは毎日パソコンに噛り付きの仕事です。

私も経験済みなんですが、繁忙期は毎日15時間以上パソコンに向かって仕事をしていました。

15時間以上は極端な例ですが(笑)、それでもWebデザイナーにとってパソコンは商売道具なのでパソコンの前での長時間拘束は否めません。

 

実際に私の友人もデザイナーに憧れ転職をしたのですが、長時間のパソコン作業を苦痛に思いデザイナーを辞めてしまいました。

毎日長時間パソコンに向かうことが苦手な方は、言うまでもなく向いていない職業です。

 

年齢的に難しかった

Web業界に限った話ではありませんが「年齢を重ねる毎に未経験から異業種への転職は難しい」と言います。

Webデザイナーの場合は、男性は35歳・女性は30歳を超えると採用ハードルが一気に上がります。

 

やはり企業側は、年齢を重ねた人を育成するにはコスパが悪いと判断し、実務経験のある人を採用した方が何倍も会社にとってプラスに働くからです。

もちろん100%無理!とは言い切れませんが、転職活動はなかなか険しい道のりになっていきます。

 

企業に採用されないとなると、Webデザイナーを諦めざるを得ませんよね。

それかフリーランスWebデザイナーとして働く!という道もあるのですが、未経験者がいきなりフリーランスになるのも困難な道のりになることは必須です。

 

副業・お小遣い稼ぎの収入で良ければ、30代後半からでもWebデザイナーとして活動しやすいです。

副業の案件を紹介してくれるTechAcademyFammなどのWebデザインスクールがおすすめです。

 

 

未経験からフリーランスになっても仕事がなかった

企業に採用されない・・・

「だったらフリーランスのWebデザイナーになろう!」と思うかもしれませんが、こちらのルートもかなり厳しいです。

前提として、

継続的に仕事をもらえるツテがある
副業程度稼げればいい(月10万円未満)

といった場合は、未経験からいきなりフリーランスに転身しても問題ありません。

以上に当てはまらない人は、自分から仕事を探しつつ生活できるレベルのお金を継続的に稼がなければならないため、仕事が見つからず結局他でアルバイトを始めてしまい、そのままWebデザイナーを諦めてしまう・・・といったことになってしまいます。

 

フリーランスになると、Webデザインのスキル以上に営業力が重要になってきます。

 

コネクションを形成できなかった

Webデザイン業界のコネクションを形成できると、何かと有利です。

仕事を紹介してもらえる
壁にぶつかった時相談に乗ってもらえる
何かあった時に助けてもらえる
業界の最新の情報が入りやすい

ザーッと挙げるだけでもこれだけのメリットがあるので、Webデザイナー仲間や業界のツテを作っておくことはとても大切です。

 

また、モチベーション維持をするためにも業界にコネクションを作っておくと良いです。

友達などフランクな関係でも良いので、同じ業界で働く仲間がいると挫折しそうな時に相談に乗ってくれたり、悩みの解決までが早いです。

 

一人で悶々と悩んでしまうと、そのままWebデザイナーを諦めてしまう・・・といった事態にもなってしまうので、可能であればデザイン学習を始めた段階から同じ志を持った友達を作っておくと良いですね。

 

学習時間が取れない

物理的な学習時間の確保も大事です。

Webデザインの仕事は技術力がないと請け負うことができないので、Webデザイナーを目指す第一歩として「勉強」からスタートします。

 

向き不向きなどの個人差がもあるので、スキル習得までの学習時間は人によりマチマチなんですが、最短で3ヶ月程度、企業に就職できるレベルになるには半年〜1年程度の学習時間を確保するようにしてください。

1日8時間とか仕事並みに時間を割ける人はスキル習得まで短期間で終わりますが、一日1〜2時間しか学習時間をかけられない人は長期戦を覚悟しましょう。

 

ただし、

詰め込みすぎるとキャパオーバーになって挫折・・・
長期戦になると中だるみして挫折・・・

どちらにしても、続ける意志が強くないと道半ばで頓挫してしまう可能性があるので、気を引き締めて学習に励んでくださいね。

 

独学でWebデザインを学んだ

デザインを学ぶ場合「独学とスクールどっちが良いの?」と悩むはずです。

私は自分の経験上、断然「スクール」での学習をおすすめします。

 

理由は単純で、独学は挫折率が高くWebデザイナーになることを諦めてしまう人が多いからです。

 

独学とスクールを比較

メリットデメリット
独学・教材費が安い
・自分のペースで勉強できる
・自走力が付きやすい
・始め方が分からない
・相談できる人がいない
・疑問点の解決に時間がかかる
・モチベーションを維持しにくい
・自分のデザインの客観的判断ができない
・プロに添削してもらえる機会が作りにくい
・自己流の不適切な癖が付く
スクール・分からないことをすぐ聞ける
・プロから直接学べる
・業界のコネクションを作れる
・同じ志を持った友達ができる
・モチベーションを下げにくい

・就職活動の支援あり
・お金がかかる
・積極性に欠けるとコスパが悪い

 

ご覧の通り、スクールでWebデザインを学ぶ方がメリットが多いです。

デメリットとして「お金」がかかってしまうのですが、その分遠回りせずに最短でスキルを学び切ることができます。

仲間ができてモチベーションの維持がしやすく挫折しにくかったり、現役のプロから直接教えてもらえるので、業界の最新動向を知ることができます。

転職支援や仕事斡旋のサービスも備わっているので、スクールでWebデザインを学んだ方がメリットが多いんです。

 

独学でWebデザインを学んで成功している人もいるのですが、それはほんの一握り。

本気でWebデザイナーになりたいのであれば、きちんとしたスクールで学ぶことをおすすめします。

こちらもCHECK

【やめとけ】Webデザインスクールは無駄で意味がない5つの理由

続きを見る

>>【やめとけ】Webデザインスクールは無駄で意味がない5つの理由

 

 

諦めず確実にWebデザイナーになるには?

Webデザイナーになれなかった!諦めた!という人の特徴を最後にもう一度まとめると、以下の通りです。

  • Webデザイナーという職業に夢を見すぎていた
  • 長時間のパソコン作業が苦痛
  • 年齢的に難しかった
  • 未経験からフリーランスになっても仕事がなかった
  • コネクションを形成できなかった
  • 学習時間が取れない
  • 独学でWebデザインを学んだ

 

この記事を読んでいる方で「Webデザインに挫折しそう…」と悩んでいる方、心当たりある項目はありませんか?

これからWebデザインの勉強を考えている方も、今回ご紹介した特徴を逆に捉えて不安要素を潰してみてください。

  • Webデザイナーという職業に夢を見すぎていた →Webデザイナーは想像以上に大変な仕事と心得ておく
  • 長時間のパソコン作業が苦痛 →長時間のPC作業が苦手な人には不向き
  • 年齢的に難しかった →できるだけ若い(20代)うちにWebデザイナーを目指そう
  • 未経験からフリーランスになっても仕事がなかった →まずは会社で下積みをしてからフリーランスになるのが正規ルート
  • コネクションを形成できなかった →積極的に業界の人脈を作ろう
  • 学習時間が取れない →学習時間は必ず確保しよう
  • 独学でWebデザインを学んだ →Webデザインスクールで学ぶのがおすすめ!

 

当ブログではWebデザイナーになる方法や、Webデザインスクールに関する様々な情報を発信しています。

気になる方は、以下の記事をチェックしてくださいね。

こちらもCHECK

未経験・知識なしからWebデザイナーになるためのロードマップ

続きを見る

>>未経験・知識なしからWebデザイナーになるためのロードマップ

 

こちらもCHECK

安い費用のWebデザインスクールおすすめ12選【無料あり】

続きを見る

>>無料あり!費用が安いWebデザインスクールおすすめ12選

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

© 2022 デザイナーの道しるべ | Webデザインスクールの口コミ評判と比較