Photoshopテクニック

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

2020年10月24日

今回は、Photoshopを使った白黒画像を作ります。

ただの白黒画像ではありません。
スピード感のあるテクスチャを加えて、インパクトのある白黒補正を行います。

作業自体は難しい手順もないので、Photoshop初心者の方もぜひ挑戦していただけたらと思います。

 

 

スポンサーリンク




手順① 画像に白黒補正をかける

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

今回はこちらの「スケボーを持った外国人女性」の画像を使います。

元画像だけでもめちゃくちゃおしゃれな雰囲気が漂っているのですが、こちらの画像に白黒+テクスチャを加えることで、違ったテイストに仕上げていきます。

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

まず最初に、カラー画像に白黒処理を施していきます。

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「白黒」

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

レッド・イエロー・グリーン・シアン・ブルーと、それぞれの色合いの数値ごとに白黒の濃さを決めることができます。

例えば、青い部分の色を暗くしたい(黒くしたい)場合は、ブルー系のスライダーを左に動かして調整します。
この辺は口で説明するのは難しいので、実際に自分でスライダーを調整しながらお好みで設定を決めてください。m(_ _)m

ちなみに、デフォルト設定でも問題なく白黒加工が施されるので、よく分からない人は設定を変えなくても良いです。

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

カラー画像を白黒画像に変換しました。

 

 

手順② すべてのレイヤーを統合する

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

続いて、表示されているすべてのレイヤーを結合します。

「レイヤー」→「レイヤーを統合」(ショートカット:⌘E)

一度画像を統合してしまうと元画像の修正ができなくなるので、心配な方は統合前の画像を別名保存でバックアップを取っておくことをおすすめします。



スポンサーリンク

 

 

手順③ 背景レイヤーをコピーする

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

統合したレイヤーは1枚の「背景」レイヤーになるので、背景レイヤーをコピーします。

レイヤーコピーのやり方

念のため、レイヤーコピーの方法をご紹介しておきます。

ノイズフィルターでクラシカルな雰囲気漂う画像加工をする

コピーしたい元のレイヤーをドラッグしながら、右下のある「+」アイコンまで持って行き、アイコン上でドラッグを離すと、レイヤーをコピーすることができます。

 

 

手順④ 「メゾティント」効果を加える

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

コピーしたレイヤーに、メゾティントという効果を加えていきます。

「フィルター」→「ピクセレート」→「メゾティント」

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

メゾティントの種類を「粗いドット」に設定します。

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

メゾティントの適用が完了しました。



スポンサーリンク

 

 

手順⑤ ぼかし(移動)効果を加える

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

先ほどメゾティントの効果を適用したレイヤーに、さらに「ぼかし(移動)」の効果を加えます。

 

「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」

 

 

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

ぼかし(移動)の効果を、以下の数値で設定します。

角度:48°
距離:53pixel

 

この辺も、ご自身のお好みで設定していただいてもOKです。

 

 

手順⑥ 描写モードを「オーバーレイ」に設定する

【Photoshop】スピード感とインパクトのある白黒画像を作る

先ほど「ぼかし(移動)」効果を加えたレイヤーの描写モードを「オーバーレイ」にします。

さらに不透明度を70%に設定します。

 

 

完 成!

完成しました!

斜めに走るテクスチャーを作ることで、スピード感とインパクトのある雰囲気に仕上がりました!

スケボーを持った外国人女性の白黒画像なので、70年代風のオールドスクールな雰囲気も醸し出ていますね。

 

最後に、もう一度Before・After画像を見比べてみましょう。

 

《Before》

 

《After》

※簡単なタイポグラフィーを追加でデザインしてみました。

 

 

番外編

こちらの「馬」のアップ画像も、同じような加工を施してみました。

《Before》

 

《After①》

 

《After②》

こちらは描写モードを「スクリーン」に変えてみたものです。

画面全体が明るくなり、このテイストも良さげですね。

描写モードの設定を変えるだけで、様々なテイストに仕上がるので面白いですよ!

 

一度手順を覚えてしまえば簡単にできるので、是非みなさんも挑戦してみてくださいね。

ただの白黒写真と比べたら、ひと味違った風合いに仕上がるので目を惹きますよ!

 



Illustrator・Photoshopを格安で購入する方法

デジハリ・オンラインスクールを受講すると、定価72,336円するAdobe CCが45%OFFで購入できます!


 Adobe CCの1年間ライセンス
Illustrator・PhotoshopなどAdobeソフト動画講習付き

以上の内容セットで、39,980円(税込)でお得に入手できます!


\Adobe CCが39,980円!/

デジハリ・オンライン公式

 
Adobe Creative Cloudの価格・プランは?一番安く購入する方法を徹底比較

こちらもCHECK

Adobe CCの価格プランと一番安く購入する方法を徹底比較【2020年12月更新】

Illustrator・PhotoshopをはじめとしたAdobe系ソフトは、デザイナーには必需品です。 高性能なんですが、その分Adobe製品のソフトは値段が高い!!   Illustra ...

続きを見る

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

-Photoshopテクニック

© 2020 デザイナーの道しるべ