Photoshopテクニック

Photoshopを使ってスプレーで書いたような文字を作る方法

今回は、Photoshopを使ってスプレーで書いたような文字を作る方法をご紹介します。

Photoshopの“プラグイン”を使えば、簡単にスプレー文字を再現することができるのですが・・・(苦笑)、今回はプラグインなしの手法です。

プラグインを持っていないPhotoshop初心者の方でも簡単に活用できる方法なので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク




手順① ベースとなる文字を入力

今回はこちらのレンガ調の壁に、スプレー文字を書いていきたいと思います。

 

「Graphic Art」という文字を入力しました。

 

フォントの種類と色を変更します。

フォントの種類は、手書き風のものが望ましいです。

 

 

テキストをラスタライズして、レイヤー化しておきましょう。
(※ラスタライズしておかないと、編集がしにくくなります。)

①レイヤー

②ラスタライズ

③テキスト

 

 

手順② スプレー効果を適用したい箇所をぼかす

続いて、スプレー効果を適用したい部分をぼかしていきます。

なげなわツールのぼかしを「20px」に設定し、スプレー効果を適用したい部分を選択します。

 

 

選択している部分にぼかしを加えていきましょう。

①フィルター

②ぼかし

③ぼかし(ガウス):半径24pixel

 

 

選択した部分がボケました。

 

 

他の部分も同様に、スプレー効果を適用したい箇所を選択し、

 

 

ぼかし(ガウス)を適用します。

 

 

各所がボケた、このような感じに仕上がりました。(↑)



スポンサーリンク


 

 

手順③ 描写モードを変更してスプレー風にする

スプレーっぽい粒子の表現を加えていきます。

まずは、文字のレイヤーをコピーします。

 

 

コピーしたレイヤーの描写モードを「ディザ合成」に設定するだけでOK!

スプレーで書いたような仕上がりになりました。

 

 

手順④ さらにスプレーっぽく仕上げる

もう少しだけ、スプレーっぽさを出していきます。

コピーしたレイヤーに「粗描き」効果を適用します。

①フィルター

②アーティスティック

③粗描き

※粗描きの設定は以下の通りです。

ブラシサイズ:6
テクスチャの適用量:16
テクスチャ:カンバス
拡大・縮小:100%
レリーフ:4

 

 

完 成!

完成しました!

スプレーで書いた風に仕上がりました!

慣れてしまえば5分程度でできる手法なので、Photoshop初心者の方もぜひ挑戦してみてくださいね。

 



 

Adobe CCを格安で買う裏技!

『デジハリ・オンラインスクール』受講で、 定価の約半額でAdobe CCを購入できる!

デジハリでAdobe CCが39,980円

 Adobe CCの1年間ライセンス
Illustrator・PhotoshopなどのAdobe動画教材

以上の内容がセットで、39,980円(税込)!

\今すぐ詳細をチェック/

デジハリ・オンライン公式

 
デジハリAdobe講座【Adobe CC+教材セットで39,980円】口コミと実際に使った体験談  

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

-Photoshopテクニック

© 2021 デザイナーの道しるべ