Illustratorテクニック

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

2020年12月19日

今回は、Illustratorを使って「ろうそくに灯る炎」を作る方法をご紹介します。

炎の表現はどちらかというとPhotoshopで作ることが多いかと思いますが、Illustratorでも作ることができます。

こちらもCHECK

Photoshopだけを使って1から炎の表現を作る方法

続きを見る

是非参考にしていただけたらと思います。

ベジェ曲線を使った作業があるので、ベジェ曲線の使い方が分からない(できない)方には、内容が難しいかもしれません…

 

 

スポンサーリンク




手順① ろうそくの炎の形を作る

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

まず最初に、ろうそくの炎部分から作っていきましょう。

ベースとなる形を作るので、楕円形ツールで縦長の円を作ります。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

楕円を雫型に変形させます。

ダイレクト選択ツールを使いながら、アンカーポイントを調整して作ります。

(ベジェ曲線の基礎的な使い方が分かれば、難しくはない作業です。)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

雫型のオブジェクトを複製して、中央に配置します。

 

 

手順② ろうそくの本体を作る

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

ろうそくの本体も作っていきましょう。

長方形ツールと角丸長方形ツールで、中心となる形を作成しました。(上の画像参照)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

ろうそくの細かい部分も作っていきます。

単純な形のオブジェクトを重ね合わせるだけでOK。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

パスファインダーの「合体」で、すべてのオブジェクトを結合すれば、最終的にそれらしい形に仕上がります。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

不要なパスを削除したり、ベジェ曲線で歪な部分の形を整えていきます。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

全体の形を整えたら、ろうそくに立体感を出すためにペンツールで線を加えました。(↑上の画像参照)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

長方形ツールでろうそくの芯部分も付け加えます。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

元となるろうそくのイラストができました。



スポンサーリンク

 

 

手順③ 色を付け加える

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

続いて、描いたイラストに色味を加えていきましょう。

まず最初に、炎部分にグラデーションを適用します。

炎っぽく見せたいので、黄〜赤のグラデーションを施してみました。(上の画像参照)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎の内側部分にもグラデーションを適用しましょう。

今度は黄色みの強いグラデーションを付けてみました。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

ろうそくの本体と芯にも色を付け加えます。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

全体への着色が一通り完了しました。

ここから炎にさらに細かい加工を行うので、見やすいように黒色背景を敷きました。

 

 

手順④ 炎にリアリティを出していく

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎のリアリティーを上げていきます。

まず最初に、炎のオブジェクトに以下の効果を適用します。

① 効果

② ぼかし

③ ぼかし(ガウス)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

ぼかしガウスは、半径「10pixel」に設定します。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎に揺らめきを足していきます。

① 効果

② パスの変形

③ ラフ

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

ラフの値を以下の通りに設定します。

サイズ:2%
詳細:6/inch
ポイント:ギザギザ

 

プレビュー画面で確認しながら設定できるので、お好みの揺らめき具合を設定してもらってもOKです。

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎に揺らめきが追加されました。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

さらに炎にリアリティーを追加するため、炎の中心部分に青みがかったグラデーションを追加してみます。

炎のオブジェクトをコピーして内側に配置し、青〜オレンジ(黄)のグラデーションカラーを適用してください。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎の中心に青色が追加されたことで、よりリアリティーのある炎の表現ができました。



スポンサーリンク

 

 

手順⑤ 炎に光彩を足す

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

最後の仕上げに、発光する炎の雰囲気を出すため、炎全体に光彩を追加します。

炎全体を覆い隠すように、楕円形ツールで白円を作ります。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

炎に黄色のグラデーションをかけます、

この時、円の外側に向かって不透明度が0%になるように設定してください。

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

色が濃すぎる場合は、周囲に馴染ませるため光彩全体の不透明度を下げます。(私は、不透明度を20%に設定しました。)

 

 

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

最後に、グラデーションの種類を「円形」にすれば完了です。

 

 

完 成!

Illustratorでろうそくに灯る炎を作る

暗闇に炎の光がゆらめくろうそくが完成しました。

慣れいていない方の場合はベジェ曲線を使った工程が少し難しいかもしれませんが、グラデーションとぼかしを効果的に活用することで、よりリアリティーのある炎をIllustratorで表現することができます。

当記事を参考にしていただき、ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね!

 



 

Adobe CCを格安で買う裏技!

定価7万円以上もする「Adobe Creative Cloud」を、39,980円という安い値段で買うことがでる方法があります。

それは『デジハリ・オンラインスクール』を受講すること!

デジハリでAdobe CCが39,980円

 Adobe CCの1年間ライセンス
Illustrator・PhotoshopなどAdobeソフト動画講習付き

以上の内容セットで、39,980円(税込)でお得にAdobe CCを入手できます!

\Adobe CCが39,980円!/

デジハリ・オンライン公式

 
デジハリAdobe講座【Adobe CC+教材セットで39,980円】口コミと実際に使った体験談  

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

-Illustratorテクニック

© 2021 デザイナーの道しるべ