Photoshopテクニック

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

2020年10月31日

今回は、Photoshopを使って「トイカメラ」で撮影したような、チープでポップな雰囲気のある画像の作り方をご紹介します。

少しだけ複雑な工程もありますが、Photoshop初心者の方でも問題なく活用できる方法なので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク




手順① レンズ補正で画像全体にゆがみをつける

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

こちらの庭の写真を「トイカメラ風」に加工していきたいと思います。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

トイカメラで撮影した風合いを出すために、まず最初に画像全体に“ゆがみ”を足していきます。

ゆがみ効果は、以下の手順で適用することができます。

①フィルター

②レンズ補正

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

「レンズ補正」を調整する画面が開くので、細かく調整していきます。

数値は以下の通りに設定しました。

※カスタム編集
ゆがみを補正:-28.00
垂直方向の遠近補正:+16

ご自身で用意した画像によって細かい数値や、ゆがませ方は異なると思うので、プレビュー画面で実際に確認しながら調整してみてください。

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

効果を適用し、画像全体にゆがみをつけました。

 

 

手順② 細かいゆがみを加えていく

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

画像の細かい部分にもゆがみを加えていきます。

①フィルター

②ゆがみ

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

ゆがみが調整できる画面が開きます。

左側のツールボックスにある「縮小ツール」「膨張ツール」を使って、各所にゆがみ効果をつけていきます。

例えば、ゆがませたい部分を「縮小ツール」のブラシを使ってなぞると、なぞった部分が縮小されてゆがみが生じたかのように見せることができます。

 

ブラシの大きさは、右側の「ブラシツールオプション」→「サイズ」から変更できるので、プレビュー画面で確認しながらゆがみを適用してみてください。

直線部分をゆがませるように加工すると、それっぽく見えるのでおすすめです!

 



スポンサーリンク

手順③ 色調補正をする

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

続いて、色調補正を行います。
ポップな印象を持たせるために、こちらの色調補正の工程もとても大事です。

まずはトーンカーブの設定から行います。

①レイヤー

②新規調整レイヤー

③トーンカーブ

 

レイヤーに直接効果を適用するのではなく、調整レイヤーを使った方が後から効果を変更できるのでおすすめです。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

コントラストを強めるために、トーンカーブの値は上の画像のようなグラフ値にしました。

この辺は加工する画像によって値が異なると思うので、プレビュー画面で確認しながらご自身で調整するようにしてください。

コントラストを強めることをを意識して加工してみてください!

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

続いて、画像全体に“赤み”を加えたかったので、「レッド値」を選択して少しだけ画像全体に赤みを足しました。

色調補正は、以上で完了です。

 

 

手順④ 画像にピントを作る

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

続いて、画像にピントを作る作業を行います。

まずは、今まで手を加えてきたレイヤーをコピーします。

レイヤーコピーのやり方

念のため、レイヤーコピーの方法をご紹介しておきます。

ノイズフィルターでクラシカルな雰囲気漂う画像加工をする

コピーしたい元のレイヤーをドラッグしながら、右下のある「+」アイコンまで持って行き、アイコン上でドラッグを離すと、レイヤーをコピーすることができます。

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

コピーしたレイヤーの中央部分を消しゴムツール(硬さ:0%)で削除します。

この工程は、画像の中心部分にピントを作ることが目的で、もしピントを右端や左端に持っていきたい場合は、その箇所を消しゴムで削除してください。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

続いて、コピーしたレイヤーをぼかしていきます。

①フィルター

②ぼかし

③ぼかし(ガウス)

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

プレビュー画面で確認しながら、ボケ具合を調整します。

半径:7.0pixel

 



スポンサーリンク


 

手順⑤ ノイズ効果を加える

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

続いて、クラシカルな雰囲気を足すために「ノイズ効果」を加えていきます。

この辺は好みなので、不要な方はこちらの工程は飛ばしてください。

 

一番下にある、元のレイヤーを再びコピーします。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

ノイズ効果を加えていきましょう。

①フィルター

②ノイズ

③ノイズを加える

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

量:64.94%
分布方法:ガウスに分布

「ノイズを加える」効果は、以上のような値にしました。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

ノイズ効果を画像全体になじませるために、描写モードを「ソフトライト」に設定します。

 

 

手順⑥ 黒枠でフチ取る

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

最後に、画像全体に「トイカメラ風」な雰囲気を出すため、黒フチを足していきます。

まずは、トーンカーブレイヤーの下に新規レイヤーを作成します。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

黒色のブラシ(硬さ:0%)を使って、画面のフチをランダムに黒く塗っていきます。

 

 

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

フチを作り終えたら、描写モードを「オーバーレイ」に設定します。

画像のフチが黒ずんでいるかのように、なじませることができました。

 

 

完 成!

トイカメラで撮影したようなチープでポップな画像加工のやり方【Photoshop】

以上ですべての手順は完了です!

いくつもレイヤーを重ねるので少しだけややこしい部分もありますが、ある程度Photoshopに精通している人なら簡単につくることができるので、ぜひみなさんも「トイカメラ風加工」に挑戦してみてくださいね!

 

最後にもう一度、「Before」「After」画像を掲載しておきます。

《Before》

 

《After》



Illustrator・Photoshopを格安で購入する方法

デジハリ・オンラインスクールを受講すると、定価72,336円するAdobe CCが45%OFFで購入できます!


 Adobe CCの1年間ライセンス
Illustrator・PhotoshopなどAdobeソフト動画講習付き

以上の内容セットで、39,980円(税込)でお得に入手できます!


\Adobe CCが39,980円!/

デジハリ・オンライン公式

 
Adobe Creative Cloudの価格・プランは?一番安く購入する方法を徹底比較

こちらもCHECK

Adobe CCの価格プランと一番安く購入する方法を徹底比較【2020年12月更新】

Illustrator・PhotoshopをはじめとしたAdobe系ソフトは、デザイナーには必需品です。 高性能なんですが、その分Adobe製品のソフトは値段が高い!!   Illustra ...

続きを見る

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

-Photoshopテクニック

© 2020 デザイナーの道しるべ