人間関係

【経験談】新卒入社した時「同世代」の社員がいた方がストレスが溜まりにくい

こんにちは、emikiです。

今回は、過去に私が「新卒入社」の際に感じた体験談を元にお話しします。

私は、社員数3名というとても小さな会社に新卒社員として入社しました。

自分が興味のある分野の仕事内容だったため、ドキドキ・ワクワクしながら、新社会人の一歩を踏み始めました。

 

ところがいざ入社して蓋を開けてみると・・・

自分と同世代の社員が一人もいない!

それどころか、ホームページの会社情報には社員数15名との記載があったにも関わらず、実際に働いている社員は、3名のみ。。。

▽新卒で入社した会社の実態、詳しくはこちらの記事へ▽

無知は危険!「ブラック」「仕事内容の相違」新卒入社で就職先選びに失敗した話こんにちは、emikiです。 新卒入社する会社を決めるのは、今後の自分の人生を左右する大きな決断となります。 私は、その大き...

 

私の次に若い社員が35歳の男性で、当時の私からすると一回り以上も離れた方たちにジェネレーションギャップと感じると同時に、目上の方だらけで気を使いすぎてしまい、人間関係に恵まれているとはいえない環境でした。

新卒入社した先に「同世代」の社員がいた方がストレスが軽減できる!
(同期社員がいれば尚良し)
心底、このように感じました。

そこで今回は、私の実体験を交えつつ、なぜ新卒入社した際に「同世代」の社員がいた方がストレスが溜まりにくいかについても明らかにしていこうと思います。

社内に「同世代」の社員がいないと方がストレスが溜まりやすい5つの理由

会社内に「同世代」の社員がいない場合にストレスが溜まりやすい理由を具体的にご紹介します。
もちろんすべての人には当てはまりませんが、私が12歳以上(一回り以上)離れた人たちと一緒に仕事をしていて感じたことを素直に挙げるとすると以下の通りです。

①年の離れた年上しかいないと、周囲に気を使いすぎる

一回りも歳が離れた人たちと仕事として接する際は、相当に気を使います。
「失礼があってはいけない」と変に身構えてしまい、必要以上に気を使ってしまうこともあります。

例えば、会話の内容にしろ、相手に対して失礼にならない言葉を選んで使ったり、仕事の相談や分からないことを聞く際は、相手の顔色をうかがいつつ話しかけたり・・・
中には、自分の気分に次第で態度がコロッと変わってしまう上司もいて、応対のたびに気疲れした思い出もあります。

「歳が近ければ、ここまで気を使わずに仕事をこなせるのになぁ〜」と心の底で感じながらも、来る日も来る日も気を使いすぎて精神的に消耗していたことを覚えています。

 

②ジェネレーションギャップを感じ、会話が続かない

年上の方とのコミュニケーションのはかり方が分からなかったので、基本的には仕事には関係のない会話は行わなかったのですが、それでもたまには世間話の会話に混ざることもありました。
ただ、話の内容がイマイチ理解できない場面も多かったです。

私が無知だったことも影響するのかもしれませんが、興味が沸かない会話を延々と聞き続けなければならないため、正直な話、結構苦痛でした。

興味もない分からない話にも、反論することなく「そうなんですね」「たいへんですね」「すごいですね」など、要所要所で相槌を入れなければならない・・・。

これが同世代同士の会話なら適度に突っ込みを入れたり、自分の意見を述べたりすることもできたのでしょうが、一回りも離れた年上の方にそんな失礼な態度をとることもできないので、とにかく聞き手に回らなければならなく、気疲れすることも多かったです。

 

③社会人経験に雲泥の差があるので、相手に対して委縮してしまう

上司に対して、何か意見するにもかなりの勇気を振り絞らなければなりません。
やはり、社会人経験に雲泥の差があるため、なんだか「年の離れた年上」ってだけで委縮してしまいました。

その後、自分自身が何年か社会人経験を積むことで、知識や度胸も積むことができるのですが、新卒の段階ではそのような経験も知識ももちろん、度胸なんてものも持ち合わせてはおりません。

それがどんな理不尽な内容でも、年上の上司に言われるままに、仕事をこなしていましたので、ストレスもたまってしまいました。

 

④話しかけづらい・近寄りがたい

完全に私の偏見も入っているかもしれませんが、「歳が離れている年上」というだけで、話しかけづらいし近寄りがたい存在でした。

でもこれはある意味理にかなっていて、やはり老若男女が混ざった職場の場合は、年齢が近いもの同士が仲良くなりやすい傾向にありますよね。
実際に私が今まで働いてきた会社でも、ほとんどの場合で年齢が近いもの同士が仲良くなっていました。

しかも私の場合は、年上上司以外に同世代の社員がいなかったので、気の許せる仕事仲間がいないと感じ、つねに職場では孤独を感じていました。

このような経験をしたからこそ、現在の私は「新人社員には率先して自分から話しかけみる」といった心がけを持つようにしています。

やはり年上の自分から話しかけた方が、相手の緊張もほぐれやすいのです。

 

⑤雑務が増える

基本的にお茶くみやら電話対応やらの雑務は、新人が率先してこなさなければならないため、確実に私が一人でこなさなければなりません。
大企業の場合は、部署が細分化されているため、雑務も少ないかもしれませんが、小さい会社の場合は、会社全体の雑務はすべて新人に回ってきます。

新人に任せられる仕事自体が少ないし、会社に慣れる意味でも雑務は行って当たり前のことかもしれませんが、いくらキャリアを積んでも年功序列である限り、すべての雑務は私が行わなければならないのかと思い、億劫で仕方がありませんでした。

《私が行っていた雑務の内容》
電話対応・お茶くみ・資料づくり・印刷・備品の発注・買出し・来客対応・清掃・お店の予約etc.

特に電話対応が本当に苦手だったので、苦痛でしかなかったのですが、あの時苦痛でも電話対応をしまくっていたおかげで、ビジネス向けの電話対応の苦手意識も克服できたため、長い目で見ると良い経験だったとも思いました。

ビジネス電話対応が苦手だった私が「克服」すべく行った方法こんにちは、emikiです。 私は、ビジネスにおける電話対応がとても苦手でした。 特に新卒の頃は本当に苦手で、電話がかかって...



スポンサーリンク

会社内に「同期」または「同世代」の社員がいたら、これらの悩みは解決した

会社内に「同世代」の社員がいないとストレスが溜まる理由を述べてきましたが、もし当時の私の環境に「同期」や「同世代」の社員がいたのなら、ここまで思い悩むこともなかったと感じます。

なぜなら、同世代というだけで親近感が沸き、気を許しあう関係が瞬時に築けるからです。

気を使わずに会話できる人が身近にいると精神的に楽に感じるし、会社内の愚痴なんかも気軽にぼやくことができるので、ストレスを一人で抱え込むことも減るでしょう。

職場に気の許せる人物が一人でもいるだけで、職場環境が快適になるのです。

もちろんお互いに人間なので、いくら同世代同士でも「合う」「合わない」があるとは思いますが、年の離れた年上上司に気を使いながら仕事をするよりは幾分もマシに感じました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

職場で快適に過ごすには、「良好な人間関係の形成」は、もっとも重要です。
福利厚生面や給与がいくら良くいても、社内の人間関係が劣悪だと早々に退職をしてしまうことにもなりかねませんからね。

社内の人間関係を形成していくうえでは、やはり「気軽になんでも相談できる人」や「気を許せる人」「話しやすい人」がいた方が、より快適な職場環境を形成することができます。

そのような人物として適任なのが、「同世代」同士。

人間関係は入社してみないことには分からないことかもしれませんが、自分と同世代の社員がいるかどうかは事前に判断することができるので、面接の際などに聞いてみると良いかもしれませんね。

もちろん、直接的に質問するのではなく、「社員の方の年齢層はどのくらいですか?」など、少し濁して質問するようにしましょう。

当記事を少しでも参考にしていただけると、幸いです。


企業の口コミ・評判が確認できる転職サイト【転職会議】の利用もおすすめです。
企業の口コミ数56万件以上、会員登録者数500万人以上の国内最大級の転職サイトです。

会員登録はもちろん無料で、実際に企業で働いた人の口コミを閲覧することができます。
社内の雰囲気や人間関係を、入社前に事前に知ることができるので、「転職会議」の利用は本当におすすめ!

人間関係に苦労する・・・
ブラック企業だった・・・
残業代が出なかった・・・

などの、実際に働いてみないと知ることができない裏事情を入手できるので、とても転職活動の参考になりますよ!

登録・利用は無料なので、ぜひ活用してみてください!

▽無料会員登録はこちらから▽
転職会議
公式サイトへ

【必読】おすすめ記事はこちらから


グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!
グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

 

 


学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド
デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

 

 


長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由
「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか?
そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。
デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

 

 


Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選
Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから