おすすめデザインスクール

DMM WEBCAMPの口コミ・評判は?Webデザインは学べる?

DMM WEBCAMPでWebデザインを学んでみたいけど・・・

「実際の利用者の口コミを知りたい」
「悪い評判とかない?」
「学習内容や料金体制は?」
「受講するメリット・デメリットは?」

といった、様々な疑問にお答えします!

 

DMM WEBCMAPは、Web広告で頻繁に見かける知名度が高いスクールなので、みなさんも「DMM WEBCMAP」の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

前提に申し上げておきますが、DMM WEBCAMPは「プログラミング」に特化しているスクールなので、「Webデザイン」が学べるスクールとは厳密には違います。

なので「デザインのみ」を学びたい人は、DMM WEBCAMPは適していません。

DMM WEBCAMPはエンジニア寄りのスクールなので、プログラミングとプラスアルファでデザインを学びたい人に最適なスクールということです。

 

とは言うものの、プログラミング人気が高まる昨今、Webデザインもプログラミングも両方ができるデザイナーの需要が伸びています。

世間的には昔以上に、デザイナーとエンジニアの境目が曖昧になってきた印象も受けます。(=デザインもシステム構築も両方できる人材が増えてきたということです。)

 

また、プログラムもできるWebデザイナーは就職に強いことはもちろん、フリーランスでもざまざまな案件を獲得しやすいので、プログラミングを覚えておいて損はないということです。

 

今回は、そんなプログラミング寄りのWebデザインの知識が学べる「DMM WEBCAMP」について徹底解説します。

この記事を読むと、自分に適しているスクールかどうか分かりますので、ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

 

この記事を書いている人

美大卒のグラフィック・Webデザイナー。

デザイナー歴13年。

メーカーのインハウスデザイナーを9年経て、現在までフリーランスとして活動。

当サイトを運営するにあたり、51社のWebデザインスクールを調査しました!
emiki

 

8日間の全額返金保証制度付き

 

スポンサーリンク




DMM WEBCAMPの特徴

DMM WEBCAMPは「株式会社インフラトップ」が運営しているオンラインスクールです。

スクール名の通り「DMM.com」のグループ会社が経営しています。

 

オリエンタルラジオの藤森慎吾氏を広告塔として起用しており、YouTubeの宣伝でも見たことある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

【藤森慎吾】独立を機にIT音痴を克服!?【第1弾/キャリア面談篇】

 

DMM WEBCAMPは、以下3つのコースが用意されています。

DMM WEBCAMP COMMIT → 最短でITエンジニアを目指すコース
DMM WEBCAMP PRO → 働きながらエンジニア転職を目指すコース
DMM WEBCAMP SKILLS → 未経験からIT・Webの知識を学ぶコース

もしあなたがWebデザイン関係を学びたいのであれば、3つ目の「DMM WEBCAMP SKILLS」を受講しましょう。

以下で「DMM WEBCAMP SKILLS」についての詳細を解説します。

 

「DMM WEBCAMP SKILLS」の学習内容

厳密に言いますと「DMM WEBCAMP SKILLS」も、以下2つのコースに分かれています。

はじめてのプログラミングコース
WEBアプリ開発コース

どちらもコーディングなどは学べるのですが、どちらかと言えば「WEBアプリ開発コース」がおすすめです。

「WEBアプリ開発コース」では、より実践的んはHTML・CSSや、Ruby on Railsを学習します。

デザインよりもコーディングが中心の内容となっており、カリキュラムを終えたら簡単なホームページが作れるようになります。

受講生が作成したポートフォリオも公開されており、未経験からでも以下のような綺麗なサイトを作成できます。

 

「はじめてのプログラミングコース」は、文字通りプログラミング完全初心者のコースなので、プログラミングやWebの仕組みや開発の流れを中心に学びます。

こちらも同じくHTML・CSS・Ruby on Railsが学べるのですが、「WEBアプリ開発コース」と異なる点は「4週間プラン」「8週間プラン」しかコースがないことです。

「WEBアプリ開発コース」は月額制なので、無制限で受講できますが、「はじめてのプログラミングコース」は最長8週間までとなるので、短期間でのスキル習得を余儀なくされます。

 

短期間でサクっとプログラミングの基礎を学びたい人は「はじめてのプログラミングコース」がおすすめで、「WEBアプリ開発コース」はゆっくり時間をかけながらアプリ開発を学びたい人におすすめです。

 

Webデザイナーになるためのスキルを知りたい方はこちらをチェック!

>>【プロが解説】Webデザイナーになるために必要最低限のスキル

 

DMM WEBCAMP SKILLSの料金

DMM WEBCAMP SKILLSの料金は、以下の通りです。

『はじめてのプログラミングコース』

入会金(税込)なし
受講料金(税込)4週間プラン:88,000円
8週間プラン:110,000円
学べることプログラミングの基礎的な知識とスキルが習得できる。
未経験者が基礎を最短で学ぶことができるよう設計されており、プログラミング学習を始めるにあたって最適な学習内容。

 

『WEBアプリ開発コース』

入会金(税込)220,000円
受講料金(税込)21,780円 / 月
※初月無料
学べることWebアプリ開発コースは、最短1ヶ月でWebサービスを開発するためのスキルを身につけることができるコース。
卒業生は、自分の仕事上でそのスキルを活かす、副業を始める、独立をするなど様々なキャリアが歩める。

最終的に学べることの幅が広い「WEBアプリ開発コース」の方が、受講料金が高いです。

 

また、DMM WEBCAMPでは5万円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

こちらのキャンペーンに参加して契約すると、5万円のキャッシュバックを受けることができます。

★はじめてのプログラミングコース・・・1.5万円キャッシュバック
★WEBアプリ開発コース・・・5万円キャッシュバック

 

かなりお得にスタートダッシュを切ることができるので、「キャッシュバックキャンペーン」を利用して契約してくださいね。

 

DMM WEBCAMPの校舎の場所

DMM WEBCAMPは、以下4つの地域に校舎を構えています。

渋谷校東京都渋谷区神南1-19-11 パークウェースクエア2 4階
新宿校東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル 4階
難波フロントビル校大阪府大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビル 4階
難波御堂筋センタービル校大阪府大阪市中央区難波4-4-4 難波御堂筋センタービル 8階

上記の地域周辺に住んでいる人は、通学も可能です。

しかし、近年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン学習も充実しています。

地方在住でもチャットやビデオ通話を使い、通学と変わらないサービスを受けられますので、ご安心ください。

 

8日間の全額返金保証制度付き

 

DMM WEBCAMPの良い口コミ・評判

続いては「DMM WEBCAMP」受講生の口コミ・評判をご紹介します。

まずは「良い口コミ・評判」から。

後半には「悪い口コミ」もまとめているので、こちらも忘れずにチェックしてください。

良い口コミ・評判① 基礎学習に丁度良かった

本記事で紹介している「DMM WEBCAMP SKILLS」は、「IT完全初心者が基礎的なスキルを身に付け、実際にサイトやアプリを作ること」を想定したコースです。

カリキュラムの内容も専門用語をなるべく使用せずに制作しているため、初心者でも挫折せずに基礎的スキルを学習できます。

 

実際に本コースを受講し、デザイナーとしてのキャリアを本格的にスタートさせたり、副業を始めたりする人もいますので、基礎学習に最適なコースと言えます。

 

良い口コミ・評判② メンターが親切・無理な勧誘がない

一度説明会に参加したら強引に勧誘してくるスクールも中にはあるのですが、DMM WEBCAMPでは程よい距離感でカウンセリングを受けられます。

カウンセリング後の無理な勧誘もないようなので、初回から安心して受講できます。

やはり大手のDMM.com系列のため、受講生の信頼を落とさないよう配慮されているのが分かります。

 

また、DMM WEBCAMPでは分からないことがあったらいつでもメンターに相談できるので、スキル向上の手助けになります。

メンターは現場で活躍しているプロであり、受講生に寄り添いながら丁寧に指導をしてくれるので、メンターの評判が高いということに繋がります。

 

良い口コミ・評判③ ポートフォリオができた

DMM WEBCAMPでは基礎的な学習も行いますが、実際に成果物を作ることも可能です。

インプットだけではなくアウトプットもしっかり行うため、実践的なスキルも身に付けられます。

ポートフォリオ制作は、Web業界に就職する場合には必須で作らなければならないものなので、DMM WEBCAMPで学んだことを活かすことができる点はメリットになります。

 

良い口コミ・評判④ 受講生と親睦を深められる

DMM WEBCAMPは、受講生同士の交流も盛んです。

例えば卒業生や現役エンジニアを招待して、勉強会や交流イベントが定期開催されるため、同じ志を持つ人と話す機会ができます。

 

また、DMM WEBCAMPの公式Twitterも活発に運用されており、オンライン上での交流も促してくれます。

コースは違えど、同じ業界を志す仲間と交流できると、モチベーションが上がります。

ぜひ利用する際は様々な人と交流し、情報を収集しつつ学習してみましょう。

 

良い口コミ・評判⑤ 内定が決まった

DMM WEBCAMPを受講して内定が決まったという口コミもありました!

やはり「スクール選び」で重視する点は、「就職できるか」「仕事を獲得できるか」などの卒業後のビジョンが描けることが大事ですよね。

その点DMM WEBCAMPは卒業生の実績もあるので、本人の努力次第で次に繋がるキャリアチェンジを実現することができます。

 

8日間の全額返金保証制度付き

 

DMM WEBCAMPの悪い口コミ・評判

続いて「DMM WEBCAMP」の悪い口コミを見ていきます。

DMM WEBCAMP SKILLSでは、プログラミング言語でもある「Ruby on Rails」も学習しますので、人によっては抵抗があるかもしれません。

分からない難しい言語が出てくるので、まったくの初心者の場合この時点で挫折してしまう人もいます。

特に「デザイン」を中心に学びたい人にとったら、初っ端からプログラミング言語をガツガツ使った学習に入るので、ひょっとしたら「自分がやりたいこと」との相違が出てくるかもしれません。

 

これらの状況を打破するには、DMM WEBCAMPのサポートをフルに活用することです。

DMM WEBCAMPでは、分からないことがあればいつでもメンターに質問することができます。

 

例えば以下の動画のように、画面を共有しながら分かりやすく疑問点を解決をしてくれます。

「【DMM WEBCAMP】学習サポートの様子を紹介 〜質問対応編〜」

内容が難しくても、それを解決できる環境が整っていますので、元を取る勢いで色々質問してみるのも良いでしょう。

 

なお、悪い口コミは上記のような「レベルの向き不向きに関するもの」しか見当たらなかったため、メンターやカリキュラムの質自体は良いスクールだと判断できました。

 

また、最初の段階で「合わない!」「難しすぎて自分には無理!」と思った場合は、8日間の返金保証もついていますので、こちらを利用すればノーリスクで解約ができます。

 

DMM WEBCAMPを受講するメリット

DMM WEBCAMPを受講するメリットをご紹介します。

他スクールと比べて、特に秀でている「メリット」を挙げますので、参考にしていただけたらと思います。

 

メリット① 返金保証があるから安心して利用できる

「DMM WEBCAMP SKILLS」を受講する場合、受講開始日から「8日以内」であれば、理由を問わず受講をキャンセルでき、返金してもらえます。

ですので、以下のような理由でも8日以内であれば返金してもらえますので、ノーリスクで受講可能です。

スクールの雰囲気が合っていなかった
諸事情で通学を辞めなければならなくなった
他のスクールの学習スタイルの方が合ってそう
そもそもWebデザインは向いていなかった

 

自己都合な理由でも返金対象という点が、使い勝手が良いポイントです。

高額な学費を払うわけですから、スクールを決める際はみなさん慎重になられると思いますが、DMM WEBCAMPであれば8日間の返金保証がついているので、ハードルを低く設けて受講をスタートすることができます。

 

メリット② 学習スケジュールをあなたに合わせてくれる

DMM WEBCAMPは、あなたのライフスタイルに合わせた学習スケジュールを提案してくれます。

例えば土日休みの企業で働いている場合は「平日2~3時間、休日8~9時間」、離職中の場合は「毎日6~7時間」など、柔軟に調整できます。

 

もちろん、直前になってスケジュールが厳しくなったら、変更を申し出ることもできます。

あなたの生活に合わせて柔軟なスケジュールを組めるため、ストレスなく学習できるのも魅力です。

 

メリット③ 副業を始められるスキルが得られる

「DMM WEBCAMP SKILLS」では、実際にWebアプリやホームページを作成できるスキルが身に付きます。

カリキュラムを終えたあとは、在宅の副業案件を十分獲得できるレベルに到達するでしょう。

「DMM WEBCAMP SKILLS」のコースは「転職向け」のカリキュラムではないのですが、「Webデザインの仕事を小さく始めていきたい」と考える人にとって最適なコースです。

 

メリット④ 転職コースがある

今申し上げた通り、「DMM WEBCAMP SKILLS」は転職向けのコースではありません。

プログラミングやWebデザインの基礎を学びたい人、簡単な仕事・副業を請け負いたい人に最適なコースです。

 

一方で、本格的に転職を視野に入れたい人は、「DMM WEBCAMP COMMIT」「DMM WEBCAMP PRO」がおすすめです。

いずれもエンジニア転職に特化したコースなのですが、

DMM WEBCAMP COMMIT → 最短で転職を目指す人向け
DMM WEBCAMP PRO → 仕事を続けながら転職を目指す人向け

といった感じです。

 

転職を視野に入れたい人は、これらのコースも合わせてご検討ください。

コース料金(税込)内容
COMMIT短期集中690,800円最短3ヶ月で未経験からITエンジニアに転職を目指す定番コース
専門技術910,800円(最大56万円の給付金対象)経済産業省の第四次産業革命スキル習得認定講座。短期集中コースのカリキュラムに加え、「AI」または「クラウド」の学習を行う。
PRO12週間624,800円働きながら未経験→エンジニア転職を目指すコース。
16週間679,800

 

8日間の全額返金保証制度付き

 

DMM WEBCAMPを受講するデメリット

DMM WEBCAMPを受講する「デメリット」についても見ていきましょう。

メリットだけではなく、デメリットもきちんと理解してからスクールを選んでくださいね。

 

デメリット①「DMM WEBCAMP SKILLS」は「転職者向け」ではない

先ほどから何度も申し上げていますが、「DMM WEBCAMP SKILLS」には転職系のサポートが付いていません。

なぜなら「DMM WEBCAMP SKILLS」は未経験からWebの知識を身に付けたり、副業の案件を見つけたりするのが目標だからです。

 

もしあなたが「Webデザインのスキルを身に付けて、サポートを受けながら転職したい」と考えるのであれば、「DMM WEBCAMP COMMIT」「DMM WEBCAMP PRO」をご検討ください。

または、転職保証がついている「テックキャンプ」がおすすめです。

 

デメリット② デザインをメインで学習できない

「DMM WEBCAMP SKILLS」ではコーディングを集中的に学ぶため「Photoshop」や「Illustrator」などのデザイン制作は学習できません。

プログラミング寄りの学習がほとんどなので、もしあなたが「デザインも学びたい」と考えるのであれば、

CodeCmap」や「TechAcademy」などのスクールがおすすめです。

 

DMM WEBCAMP・CodeCmap・TechAcademyを比較

続いて、DMM WEBCAMPの競合他社でもある「CodeCmap」「TechAcademy」と比較してみましょう。

DMM WEBCAMPCodeCampTech Academy
コースはじめてのプログラミングコースデザインマスターコースWebデザイナーコース
期間1ヶ月2ヶ月1ヶ月
受講料金(税込)88,000円165,000円 / 2ヶ月
(+入学金33,000円)
※1ヶ月あたり99,000円
社会人:174,900円
学生:163,900円
受講内容HTML / CSS / Ruby on RailsPhotoshop / Illustrator / HTML5 / CSS3 / JavaScript / BootstrapPhotoshop / HTML5 / CSS3 / jQuery  / Sass
サポート内容いつでも質問し放題
現役デザイナーが個別レッスン
いつでも質問し放題
いつでも質問し放題
週2回のメンタリング
オンライン対応対応対応
その他8日間返金保証あり
最大5万円のキャッシュバックあり
無料カウンセリングで受講料金1万円OFF1週間の無料体験期間あり
無料体験参加で1万円割引
向いている人副業・在宅ワークを目指す人
エンジニア寄りのWebデザイナーを目指す人
個別レッスンで確実にスキルを身に付けたい人
Webデザインを広く学びたい人
実践的なスキルを習得したい人
学生(学割価格あり)

DMM WEBCAMPが、CodeCampやTechAcademyよりも優れている点は、以下の通りです。

 受講料金が安い
 エンジニアに必要なスキルが学べる

 

DMM WEBCAMPの大きな特徴は、受講料金が安いことです。

1ヶ月88,000円〜、最大5万円のキャッシュバックを受けることができるので、かなりリーズナブルな価格帯で学習をスタートできます。

また、8日間の返金保証制度も付いているので(自己都合の解約でもOK)、スクールの始めやすさに繋がってきます。

 

Webデザイナーというよりは「エンジニア」寄りのスクールなので、Illustrator・Photoshopを使ったデザインを学ぶことはできませんが、エンジニア志望の人やプログラミングもできるデザイナーを目指している人におすすめです。

 

補足

「CodeCamp」「TechAcademy」がそれぞれ特化している点は、以下の通りです。

CodeCamp… 現役デザイナーがマンツーマン指導。1ヶ月10万円以下と安さとコスパ最強。
無料カウンセリングで1万円OFF。

Tech Academy… 現役デザイナーから直接学べる。受講者数No.1の実績。週2回のメンタリングを通して挫折しづらい環境を作る。
1週間の無料期間あり。

>>CodeCampのレビュー記事はこちらから

>>TechAcademyのレビュー記事はこちらから

 

DMM WEBCAMPについてのQ&A

最後に、DMM WEBCAMPを受講するにあたって、よくある質問にお答えします。

Q&A① 受講生の層は?

20代の人が多いです。

営業職や事務職、フリーターなど、様々なバックグラウンドの方々がいます。

 

Q&A② PCのレンタルはできる?

レンタル可能です。

MacBook Air13インチをレンタルできます。

レンタル料(税込)は以下の通りです。

14,080円 → 1ヶ月
32,780円 → 3ヶ月

 

Q&A③ 支払い方法は?

以下3通りの方法で支払いできます。

銀行振込
クレジットカード決済
分割払い

 

Q&A④ まったくの未経験でも問題ない?

問題ありません。

実際にDMM WEBCAMPの受講生の97%はプログラミング未経験です。

専門用語をかみ砕いた教材や、質問しやすい環境が用意されていますので、安心して利用できます。

 

Q&A⑤ 毎月受講生は募集している?

毎月募集しています。

ただ、受講生1人1人のサポートを手厚く行うために、定員を設けています。

定員オーバーの場合、その月の受講は難しくなるため、一度カウンセリングで問い合わせてみるのがおすすめです。

 

8日間の全額返金保証制度付き

 

【まとめ】DMM WEBCAMPに向いている人

DMM WEBCAMPの概要・口コミ評判・受講するメリットデメリットをご紹介しました。

以上の内容を踏まえ、DMM WEBCAMPは以下のような人に向いています。

東京・大阪在住の人( 通学希望の場合) → オンライン受講も可能
プログラミング・Webデザインが完全未経験の人
転職ではなく副業レベルから始めたい人
コーディングを中心に学習したい人
受講生同士で親睦を深めたい人
自分のスケジュールに合わせて学習したい人

 

DMM WEBCAMPは「完全初心者」からでもIT・Webのスキルが身に付くスクールです。

最大5万円のキャッシュバックや、8日間の返金保証もついていますので、気になる方はぜひ一度無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

(カウンセリング時に、無理な勧誘や強引な引き止めはありませんので、ご安心ください!)

 

8日間の全額返金保証制度付き

もっと詳しく

 

スポンサーリンク



グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト8選はコレ!

グラフィックデザイナー・Webデザイナー向けのおすすめ転職サイト・転職エージェントを比較しながら詳しく解説しています!

記事本編はこちらから

   

学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイド

デザインまったくの未経験者が、プロのデザイナーになるまでのステップを詳しく丁寧に徹底解説しています。

記事本編はこちらから

   

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

「デザイナー辞めたい!」一度は考えたことありませんか? そんなデザイナーの不平・不満を調査してみました。 デザイナーのみなさんならこの苦労を分かち合えるはずです!

記事本編はこちらから

   

Webデザインを安く勉強できるオンラインスクール厳選

Webデザインを勉強したい方に向けて、価格や授業内容を比較しながら、おすすめできるオンラインスクールをまとめてご紹介しています。

記事本編はこちらから

-おすすめデザインスクール

© 2021 デザイナーの道しるべ