おすすめデザインスクール 目的別スクール選び

夜間・土日に通えるWebデザインスクール5選【社会人OK】

社会人なので夜間・土日に通えるWebデザインのスクールを探している
主婦業の合間に学習できるWebデザインのスクールを探している

といった方に向けて、当サイトでは

「平日夜間」「土日」にも通えるWebデザインのスクールをご紹介します。

 

私は当サイトを運営するにあたり、52校のWebデザインスクールを徹底調査しました。

夜間対応のスクールはたくさんあったのですが「選択肢が多すぎて迷う…」といった方が多いと思うので、現役デザイナーである私が夜間・土日におすすめできるスクールを厳選して紹介します。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

この記事を書いている人

4年制美大卒。デザイナー歴14年。

メーカーのインハウスデザイナーを9年経て、現在までフリーランスとして活動。
当サイトを運営するにあたり52社のWebデザインスクールを徹底調査し、厳選して紹介しています!
emiki

 

【厳選】夜間・土日に通えるWebデザインスクール

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG…1ヶ月82,500円(495,000円 / 6ヶ月)イチオシ
未経験OK!Web制作会社のリアルを体感しながら学べる【@上野 / 10時〜22時まで】

東京デザインプレックス研究所1ヶ月80,666円(726,000円 / 9ヶ月)
社会人向けの授業型スクール【@渋谷 / 19時15分〜21時45分※週2回

CodeCamp1ヶ月60,500円(363,000円 / 6ヶ月)
プロによる個人レッスン&課題添削付き【@オンライン / 7時〜23時40分】

 

 

Webデザインに必要な3つの基礎スキル

まず最初に、Webデザイナーになるために必要な基礎スキルを説明しておきますね。

 

 

Webデザイナーになるには、以下3つのスキルの習得をまずは目指してください。

 Adobeソフトの操作(Photoshopなど)
HTML・CSSの基礎知識
デザインの原則・基礎
※スクールを受講すると、これらスキルが学べるカリキュラムが組まれています。

 

 

Adobe系デザイン編集ソフトは習得必須。

特にPhotoshopはWebデザイナーにとって商売道具なので必ずマスターしてくださいね。

Photoshopが使えないことを例えると、包丁が使えないプロの料理人のようなもの…。

今後必ず使うソフトになるので、まず最初に覚えておきましょう。

Photoshopは有料ツールですが、必ず準備が必要です。
安く購入したい方は、こちらからどうぞ!

 

Adobeソフトの習得と同時に、HTML・CSSといったマークアップ言語の習得も必須です。
世の中にあるすべてのHPは、これらマークアップ言語で構成されています。

こちらはデザインセンスというよりは、数学的考え方ができる人(理系)が向いていると言われています。

 

また、デザインの原則・基礎を習得しておくことも忘れずに。

原理原則を知っているだけで、今後の自分のデザインスキルの伸び代が違います。
PCに向かって課題をこなすことも大切ですが、前提知識があった上での勉強の方がより身になるアウトプット作業ができます。

 

ちなみに、Webデザインスクールを受講すればこれらスキルの習得はカリキュラムに含まれています。

ただし、短期コース・格安スクールは教材内容が簡素なこともあるので、入校前には必ずカリキュラムの確認をしてくださいね。

 

Webデザイナーに必要な基礎スキルをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事へ。

こちらもCHECK

Webデザイナーになるために必要最低限のスキルと使うソフト

続きを見る

 

 

夜間・土日に通えるWebデザインスクールを選ぶポイント

続いて夜間・土日に通えるWebデザインスクールを選ぶ際に気をつけたいポイントから見ていきましょう。

 

 

 

自分のライフスタイルに合う学校を選ぶ

Webデザインスクールを選ぶ場合、自分のライフスタイルに合うスクールを選ぶのが大前提です。

例えば、スクールには「通い型」「オンライン」の2つのスタイルがあるのですが、自分はどっちがぴったりか見極めましょう。

 

「通い型」「オンライン」それぞれのメリット・デメリットを挙げますね。

メリットデメリット
通い型★同じ志を持った友達ができやすい
★横の繋がりができやすい
★モチベーションの維持がしやすい
★自前パソコンがなくても受講できる
★授業についていけなくても待ったなしに進む(→コースによってはマンツーマン指導あり)
★時間や場所を制限される
★周囲に人がいると気が散る場合もある
オンライン★自宅が教室になるので通学の手間が省ける
★海外・地方在住者でも受講できる
★24時間好きなタイミングで学習できる(※動画教材の閲覧の場合)
★マイペースに学習を進められる
★自宅なのでサボりやすい環境
★モチベーションの維持がしにくい(→コースによってはマンツーマン指導あり)
★横の繋がりができにくい

モチベーションの維持や挫折をしたくない人は、通い型スクールがおすすめです。

Webデザイナーを目指す友人と出会えたり、現役のプロ講師と直接話ができるので、横のつながりを作るにも最適です。

 

一方で、オンラインスクールをおすすめできるのは、自宅でマイペースに授業を進めたい人。

インターネット環境が整っていれば、カフェなどの外出先での受講も可能となります。

スクールによってはオンラインでの個別指導も導入しているので、これらサービスを活用すれば挫折する可能性もグンと減ります。

 

こちらもCHECK

Webデザイン勉強は独学とスクールどっちが良い?通い型とオンラインも比較

続きを見る

 

 

効率を上げて集中的に学びたい人は「個人レッスン付き」がおすすめ

土日・夜間という限られた時間に通うことができるスクールを希望される方は、別ですでに本業をお持ちの方が多いはずです。

本業がありながら空いた時間を見つけて、Webデザインの勉強をするのって、なかなかの労力が必要ですよね。

だから、少しでも効率を上げて学習を進めていくのがおすすめです。

 

具体的な方法を挙げると、

独学よりも専門のスクールに通う
個人レッスン付きのサポートがあるスクールを選ぶ

など、とにかくスキル習得までの道のりを最短化することです。

 

もちろん、スキル習得までの期間はその人のセンスや置かれた環境による部分も大いにあるのですが、

自分一人で教材とにらめっこしながら学習を進めていくよりも、プロに直接教えを請いた方が、スピーディーかつ圧倒的に分かりやすく学ぶことができます。

 

 

ハードワークになりすぎないようなカリキュラムを選ぶ

本業がある人は、ハードワークにならないよう多少のゆとりが持てるスクール・カリキュラムを選ぶことも大事です。

本業+スクールへの通学・・・キャパオーバーになってしまうと、早々に挫折してしまいます。

挫折してしまっては、今まで学んできたこともまったく意味のないことになってしまうので、できれば避けたいところです。

 

ハードワークになりすぎないようなスクールやカリキュラムを選ぶポイントとして、

必ずオフ日を作ること。

または受講期間を長期間とり、ある程度は余裕を持って学べるコースを選ぶことです。

 

ただし、長期間のコースはその分学費が高くなってしまうデメリットもあります。

(※長期コースの方が短期コースに比べて1ヶ月あたりの受講料金は安くコスパが良いのですが、純粋な支払い金額は短期コースよりも高いです。)

金銭的な理由から短期コースで結果を出したい方は、学校修了後も継続して独学でWebデザインの学習を行うようにしましょう。

 

 

【夜間・土日に通える】Webデザインスクールおすすめ6選

自分のライフスタイルに合う学校を選ぶ
 効率を上げて集中的に学びたい人は「個人レッスン付き」がおすすめ
ハードワークになりすぎないようなカリキュラムを選ぶ
Webデザインに必要な最低限のスキルが学べる

 

以上の点を重視して、夜間・土日に通えるおすすめのWebデザインスクールを厳選しました!

通い型スクール・オンラインスクール両方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まずは、今回紹介するスクールを表で比較してみます。

※受講料金はすべて、消費税+入学金+教材費を含んだ金額です。

公式サイト受講料金1ヶ月あたり特徴
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGイチオシ495,000円
※6ヶ月プラン
82,500円Web制作会社隣接スクール!現役プロから学べる
CodeCamp363,000円
※6ヶ月プラン
60,500円完全オンラインで現役プロによるマンツーマンレッスン
東京デザインプレックス研究所726,000円
※9ヶ月プラン
80,666円渋谷にある社会人のための夜間スクール
KENスクール188,100円
※3ヶ月プラン
62,700円プロによる個別指導&課題添削付き
TechAcademy339,900円
※4ヶ月プラン
84,975円完全オンライン!週2回のマンツーマンメンタリング

 

当サイトの一押しスクールは「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」です。

業界最王手のデザインスクール「デジハリ」と、Webデザイン制作会社「LIG」がタッグを組んだ最強スクールで、どのスクールと比較しても優れた環境で学習に取り組める点が一番評価できる点でした。

LIGのクリエイターが実際に授業に参加することもあるので、現場の最新動向を常に仕入れることができますし、プロのデザイナーと直接交流できる貴重な経験となります。

さらに「デジハリ」が長年業界で築いてきたコネクションを活かした就職支援も整っているので、まさに鬼に金棒。

 

スクール開講時間も平日は夜22時までと遅くまで開いているので、社会人の方も仕事帰りに通いやすいのではないでしょうか。

 

デジハリLIGは上野にスクールがあるので「上野に通えない」という人は、オンラインという手段もおすすめです。

オンラインスクールは全国各地どこからでも受講できます。

オンラインスクール「CodeCamp」は、年中無休で7時〜23時40分まで受付をしているので、仕事帰りはもちろん朝活にも利用できます。

さらにCodeCampでは、マンツーマンレッスンを採用しているのでスキル習得までがとてもスピーディーです。

 

デジハリLIG・CaodeCampなど各スクールに関して、以下に詳しく解説していきますね。

 

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

コース名Webデザイナー専攻
受講料金(税込)495,000円
※1ヶ月あたり82,500円
受講期間6ヶ月
習得スキルPhotoshop / Illustrator / Dreamweaver / XD / HTML5 / CSS3
就職支援マンツーマンで就職サポート
LIGへの就職も可能
転職セミナー
校舎

《上野校》
東京都台東区小島2-20-11 LIGビル
新御徒町駅A3出口から徒歩1分

受付時間【火〜金】12:00~22:00
【土日】10:00~20:00
オンライン対応可能
割引制度他コース編入で4万円割引
おすすめできる人・プロの現場のリアルを体感しながら学びたい人
・マンツーマンの就職サポートを受けたい人

 

Web・デザイン・IT・映像・CG分野では知らない人はいない有名人気スクール「デジタルハリウッド」と、有名Web制作会社「LIG」がコラボした、最強のスクールが「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」です。

最短6ヶ月で未経験からWebデザイナーを目指せる実践的で本格派のスクール。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの他校にはない強みは、なんといってもWeb制作現場のリアルを知れること。

LIGのクリエイターが講師としてセミナー登壇することはもちろんなんですが、業界最新情報をいち早く仕入れることができたり、プロから直接教えてもらったり交流を持てる点は、付加価値としては十分すぎるサポート体制です。

さらには業界老舗スクール・デジハリの蓄積されたコネクションを活かした就職サポートをマンツーマンで受けることができるので、就職活動面のバックアップ体制も完璧。
(ちなみにそのままLIGに就職する人もいます。)

全国どこを探してもこのように恵まれた学習環境で学ぶことができるスクールは、デジハリLIGだけといっても過言ではありません。

圧倒的な速度でスキル習得ができるので、最短6ヶ月でWebデザイナーを目指すことができるのです。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを評価しているもう一つの大きな理由として、通学・オンラインどちらにも対応しているところです。

仕事が忙しい時やマイペースに取り組みたい時は、自宅で学習を。

モチベーションを上げたい、直接分からないことを質問したい、という時はLIGの校舎で学習を。

自分の気分や都合によって学習スタイルを選べる点は、忙しい社会人にはぴったりですね。

ただし、校舎に通ってこそがデジハリLIGの本領を発揮できます。

オンラインがメインになるのなら「CodeCamp」のように、オンラインに特化したスクールの方がコスパが高いし待遇も良いので、デジハリLIGを受講するのなら通学型のスクールとして定期的に校舎に通うようにしてくださいね。

 

学習・就職など様々な面で完璧なバックアップ体制が整っているデジハリLIGですが、敢えてデメリットを挙げるとすると「マンツーマンレッスンでが付いていないこと」です。

マンツーマンレッスンを採用していないスクールはたくさんありますし、その分徹底した個別指導を受けることができるので気にするほど大きなデメリットにはなりませんが、念のためお伝えしておきます。

万が一1対1の指導を受けたい人は、現役プロによるマンツーマンレッスンを受けることができる「CodeCamp」をご検討ください。

 

\ Web業界のリアルを体感するならココ! /

デジハリLIG公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

デジハリSTUDIO by LIGの口コミ・評判は?実際に受講したメリット・デメリットを徹底調査

続きを見る

 

 

CodeCamp

コース名デザインマスターコース
受講料金(税込)330,000円(+入学金33,000円)
※1ヶ月あたり60,500円
受講期間6ヶ月間 / 60レッスン
習得スキルPhotoshop / Illustrator / HTML5 / CSS3 / JavaScript / Bootstrap
写真加工・バナー・ロゴ制作 / レスポンシブ対応
就職支援キャリアTalkで気軽に相談できる
転職に特化した「CodeCampGATE
校舎なし ※完全オンライン
受付時間毎日7:00〜23:30
オンライン対応可能
割引制度無料カウンセリングで1万円割引
おすすめできる人・マンツーマン指導のオンラインスクールを探している人
・現場で求められるスキルを身に付けたい人

 

オンラインスクールをご検討している方は、CodeCampがおすすめです。

おすすめしている理由は、1ヶ月あたり6万円という低価格帯なのに、現役デザイナーによるマンツーマンレッスンを受けることができるという高コスパなサービスだからです。

 

現役プロによるマンツーマン指導は、スキル習得までの道のりに無駄がなく圧倒的にスピーディーです。

特に初心者は、「どこから始めたらいいの?」と、分からないことが分からない…といった学習迷子になってしまいます。
周囲と自分の学習スピードを比べてしまい、焦ってしまう…という事態も。

こんな時は、講師に相談してアドバイスを受ければ良いのですが、「何を質問したら良いかも分からない」「こんな初歩的なことを聞いて恥ずかしくないかな?」といった悩みも出てくるので、積極性に欠ける人はなかなか思うように学習が進まないでしょう。

 

これらの悩みをクリアにできるのがマンツーマンレッスンです。

講師が各個人のレベルに沿った内容で授業を進めてくれますし、一対一だからじっくりと質問や相談を投げかけることができます。

マンツーマンレッスンは、初心者には本当におすすめできる学習スタイルなんです。

 

 

CodeCampでは課題添削も無制限にできるので、インプットだけではなくアウトプットが積極的にできるところも魅力。

デザイン上達のコツはアウトプットをどれだけこなすかです。

最初はもちろんインプットも大事ですが、スキルが身についてきたらアウトプットにも力を入れていきましょう。

もちろんただ闇雲にアウトプットをしても意味がないので、「自分のデザインの苦手な部分・癖」などを客観的に判断してくれるプロの目が入ることにより、スキル習得までのスピードが加速します。

 

また、レスポンシブ対応JavaScriptなど業界が必要としている最新のテクニックを学べる点もCodeCampを評価すべき点ですね。

 

受講料金もリーズナブルで、値段の割に手厚いサポートを受けることができるCodeCampですが、デメリットを挙げるとすると就職サポートが通い型に比べると弱いことです。

 

もちろんCodeCampでは就職サポートを行っているのですが、「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」などの通い型スクールに比べたら対面で密に接する機会がないので、手薄に感じてしまうかもしれません。

または受講料金がやや高額になりますが、転職に特化した返金保証の付いている「CodeCampGATE」の利用がおすすめです。

 

CodeCampでは随時無料カウンセリングを行っています。(無料のカウンセリングを受けると受講料が1万円OFF)

まずは無料カウンセリングで相談してみてください。

 

\ 無料カウンセリングで1万円OFF /

CodeCamp公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

CodeCampの評判は?悪評も全て暴露【受講生のリアル体験談あり】

続きを見る

 

 

東京デザインプレックス研究所

コース名Webデザイン総合コース
受講料金(税込)632,500円(+入学金33,000円+教材費60,500円)
※1ヶ月あたり80,666円
受講期間9ヶ月
習得スキルPhotoshop / Illustrator / Dreamweaver / XD / HTML / CSS / JavaScript / jQuery / WordPress
就職支援就職・転職サポートあり
校舎

東京都渋⾕区道⽞坂2-10-7 新⼤宗ビル2号館9F
渋谷から徒歩5分

受付時間【月〜土】10:00~20:00
【日】10:00~18:00
オンライン対応-
割引制度一都三県外の在住者は入学支援あり
おすすめできる人・同じ志を持った仲間を作りたい人
・充実の就職サポートを受けたい人

 

Webデザインが学べる社会人向け夜間スクールとして人気の高い「東京デザインプレックス研究所」。

校舎は渋谷にあり、アクセスの利便性から仕事終わりに通学する受講生も多いです。

平日週2回(19:15〜21:45)、または土日週1〜2回のスケジュールで開講しています。

 

東京デザインプレックスの受講スタイルは「授業型」です。

同じ志を持った友人ができやすく、講師とも密に繋がりやすくて、業界にコネクションを築きたい人には間違いなく東京デザインプレックスのような通い型スクールがおすすめです。

仲間(クラスメイト)がいることで程よいライバル心を培うことができ、スキル磨きに切磋琢磨できたり、モチベーションの維持もしやすいのも特長です。

 

対面スクールならではの手厚い就職サポートも受けることができるので、オンラインではなく実際にスクールに通って仲間と一緒に学びたい人は東京デザインプレックスが向いています。

ちなみに「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」も通い型スクールですが、受講スタイルが「自習型」です。
教材に沿って自分で学習を進めて、分からなければ都度講師に質問できる個別指導のスタイルです。

 

また、各業界のトップクリエイターを講師に迎え、業界や分野を超えたデザインの真髄が学べるプレックスプログラムも人気。

プレックスプログラムは、卒業しても2年間(約80プログラム)無料で受講することができるので、卒業後も引き続きデザインを学び続けることができるのは嬉しいですね。

卒業後も継続的に学べる仕組みのあるスクールはなかなか珍しいので、入校したあかつきには最大限に活用したい東京デザインプレックスだけの強みとなります。

 

学習サポートや就職&卒業後のサポートなどバックアップ体制が整っているスクールですが、あえて東京デザインプレックスのデメリットを挙げるとすると「授業型」が故に授業のスピードについていけないことがあるところです。

生徒複数人に対して講師一人で授業を進めていくので、やはりマンツーマンレッスンとは違い授業の進み方に不満を覚えてしまう可能性もあります。

分からなくても待ったなしで授業が進んだり、逆に分からない人に合わせているがために待ち時間を退屈に感じたり・・・

授業型のスクールはモチベーション維持のためには優秀なんですが、人によっては「やりにくい」と感じてしまうこともあります。

 

また授業型なので、決められた日時に必ず出席しなければなりません。

万が一仕事で遅刻・欠席してしまう可能性もなきしにもあらずなので、授業時間が固定されているところは人によっては不便に感じてしまうかもしれませんね。

 

\ 社会人に人気の夜間スクール /

東京デザインプレックス 公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

東京デザインプレックス研究所の口コミ・評判は?メリット・デメリットを徹底調査

続きを見る

 

 

KENスクール

コース名Web Basicマスターコース
受講料金(税込)155,100円(+入学金33,000円)
※1ヶ月あたり62,700円
受講期間3ヶ月(38時間)
習得スキルPhotoshop / Illustrator / Dreamweaver / HTML / CSS
就職支援キャリアカウンセリング
受講生就職率83%
校舎

《新宿本校》
東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル4F
JR新宿駅 南口/サザンテラス口 徒歩3分

※その他、池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田・札幌に校舎あり。

受付時間【月火水金】10:00~13:00 / 14:30~21:00
【木】10:00~13:00 / 14:30~19:30
【土日祝】10:00~13:00 / 14:00~18:00
オンライン対応可能
※Web Basicマスター / Web実践 / Web実践就転職総合のみ
割引制度Adobe CCが特別価格で購入可能
おすすめできる人・マンツーマン指導で挫折せず学びたい人
・充実の就職サポートを受けたい人

 

KENスクールは、個別指導と課題添削が付いて、1ヶ月あたり6万円代という低価格帯のスクールです。

個人指導なので「授業のスピードが早くて付いていけない!」「周りの目が気になって質問がしづらい」といった不満を抱くこともないので、個人のレベルに合わせてマイペースに学習を進めることができます。

 

KENスクールでは就職率の高さにも定評があります。

就職率83%、就職成功者の半数は未経験からでも転職に成功しています。

また、卒業後も就職支援を継続して行なってくれるところも魅力。

就職して入社後も、仕事に関する様々な相談が気軽にできます。

「卒業したらさようなら!」と縁が切れていくスクールが多い中、卒業後も継続的にサポートを受けられる点は大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

KENスクールのデメリットとしては、カリキュラム内容が基礎的で「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」に比べたら学べるスキルの範囲が狭いことです。

例えば、現在Web業界で主流になりつつあるAdobeソフト「XD」を学ぶカリキュラムが含まれていません。

やはり教材やスキル全般に関しては、Webデザインスクールとして長年の実績のある「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」がおすすめですね。

 

また授業時間が3ヶ月で38時間という短さも気になります。

1ヶ月あたり12時間、1週間あたり3時間という計算になりますが、週でたったの3時間学習は少なすぎるので授業外で自習を行うことが必須となります。

独学と並行して取り組める人向けのスクールと言えます。

 

\ 完全個別レッスンなのに格安 /

KENスクール 公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

KENスクールの悪い口コミ評判はある?Webデザインコースの料金は?

続きを見る

 

 

Tech Academy

コース名Webデザインコース
受講料金(税込)339,900円
受講期間4ヶ月(週10〜13時間)
※メンタリング31回
習得スキルPhotoshop / HTML5 / CSS3 / jQuery  / Sass
Webデザインの原則 / ワイヤーフレーム
就職支援無料カウンセリングあり
エンジニア転職保証制度付きのコースあり
副業斡旋あり
校舎なし ※完全オンライン
受付時間15:00〜23:00
オンライン対応可能
割引制度無料体験で1万円割引
友人と一緒に受講で受講料1万円割引
先割で受講料5%OFF
おすすめできる人・定期的にプロのカウンセラーによるメンタリングを受けたい人
・質の高い講師のもとで学びたい人

 

受講者数No.1の実績を誇るスクール「TechAcademy」。

週2回のマンツーマンメンタリングを行うことができ、学習の進捗に関してはもちろん、進路・業界のこと様々な相談に乗ってもらえます。

 

TechAcademyを特に評価すべき点は、メンターの質が業界でもトップレベルに高いところです。

TechAcademyでは、通過率わずか10%の試験に合格したメンターのみを採用しています。

受講生にアンケートを取ったところ、97.8%がメンターに満足していると回答するほどメンターの質が一流です。

私もTechAcademyの口コミ評判をたくさん調べたのですが、メンターの質が高かったという口コミが特に目立ちました。

 

定期的なメンタリング以外にも、学習中に分からないことがあればチャットサポートで対応してくれ、課題レビューも無制限に受けることができます。

 

またTechAcademyは、副業を探している・フリーランスWebデザイナーを目指している人におすすめできます。

「テックアカデミーワークス」というサポートがあり、副業案件を対象者全員に紹介してくれます。

取引先は企業で、もちろん報酬ももらえます。

「初めての仕事で不安…」という人も、メンターが間に入ってサポートをしてくれるので不安要素を都度解消しながら仕事を進めることができます。

実現場の仕事の流れも掴めて、実績も積めて、しかも報酬ももらえるテックアカデミーワークスは、TechAcademyにしかないサポート内容なので、ぜひ合わせてご活用くださいね。

(※転職希望者の人は、別途転職保証つきのコースがあります。)

 

TechAcademyのデメリットを挙げるとすると、他スクールに比べると1ヶ月あたりの受講料金がやや高いという点です。

メンター陣が一流故の理由かもしれませんが、受講料金をできるだけ安く抑えたい人には向きません。

(安いオンラインスクールをお探しの方は、マンツーマンレッスンが付いて1ヶ月6万円のCodeCampがおすすめです。)

 

また、サポート受付時間が短いところもデメリットですね。

TechAcademyのサポート時間は、毎日15〜23時です。

午前中〜正午の時間帯は、レスポンスが遅くなってしまう可能性があるため、夜活派の人におすすめのスクールとなります。

 

\ 1週間の無料体験あり! /

TechAcademy公式サイトはこちら

 

こちらもCHECK

テックアカデミーの口コミ評判【中の人から直接話が聞けました】

続きを見る

 

 

社会人OKの夜間・土日に通えるおすすめWebデザインスクールまとめ

社会人におすすめできる、夜間・土日に通えるWebデザインスクールをご紹介しました。

本業の合間を縫って勉強をする人がほとんどだと思うので、くれぐれも詰め込みすぎて無理をしすぎないようにしてくださいね。

具体的には、短期集中型のスクールよりも3ヶ月以上の中長期スクールがおすすめです。

時間のゆとりを持って課題に取り組めますし、時間をかける分身につくスキルも確実性が高いものとなります。

 

または「オンラインスクール」で学ぶことで隙間時間に学習をしたり、理解力が上がる「マンツーマンレッスン」で学ぶこともおすすめ。

ご自身に合うスタイルのWebデザインスクールを選んでくださいね。

 

最後に、今回紹介したスクールの中でもさらにおすすめできる3つのスクールをまとめておきますね。

【厳選】夜間・土日に通えるWebデザインスクール

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG…1ヶ月82,500円(495,000円 / 6ヶ月)イチオシ
未経験OK!Web制作会社のリアルを体感しながら学べる【@上野 / 10時〜22時まで】

東京デザインプレックス研究所1ヶ月80,666円(726,000円 / 9ヶ月)
社会人向けの授業型スクール【@渋谷 / 19時15分〜21時45分※週2回

CodeCamp1ヶ月60,500円(363,000円 / 6ヶ月)
プロによる個人レッスン&課題添削付き【@オンライン / 7時〜23時40分】

 

当サイトおすすめのスクールは、「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」です。

有名スクール「デジハリ」とWeb制作会社「LIG」がタッグを組んだ最強スクールで、Web制作現場のリアルを体感しながら学べる贅沢な環境です。

老舗スクールならではのコネクションを活かしたデジハリならではの就職活動もでき、あらゆる面でバックアップ体制が整っています。

未経験からでも最短6ヶ月からWebデザイナーに転身できるので、ぜひご検討してみてください。

こちらもCHECK

デジハリSTUDIO by LIGの口コミ・評判は?実際に受講したメリット・デメリットを徹底調査

続きを見る

 

 

またスクールに通う時間がない、隙間時間に自宅で学習を進めたいという人はオンラインスクール「CodeCamp」がおすすめです。

現役プロによるマンツーマンレッスン付きで1ヶ月6万円〜という高コスパ&低価格帯のスクールなので、こちらも合わせて検討してみてくださいね。

こちらもCHECK

CodeCampの評判は?悪評も全て暴露【受講生のリアル体験談あり】

続きを見る

スポンサーリンク

ぴったりのスクールを診断しよう!

Webデザインスクール診断
Q1
あなたはどんな立場ですか?

目的からWebデザインスクールを選ぶ

安さ・コスパ重視
オンラインで学べる
転職サポート重視
短期間スピード重視
マンツーマンサポート
土日・夜間に通える
デザイン重視
プログラミング重視

属性からWebデザインスクールを選ぶ

社会人向け
主婦・ワーママ向け
学生向け
副業・在宅ワーク向け
完全初心者向け
学び直し

Webデザインスクールの口コミ評判から選ぶ

コードキャンプ Codecamp
【現役プロがマンツーマンレッスン】
テックアカデミー TechAcademy
【週2回メンタリング】
侍エンジニア 侍エンジニア
【専属マンツーマンレッスン】
デジハリオンライン デジハリ・オンライン
【Adobe CCをお得に買える】
SHElikes SHElikes
【女性専用/定額制で学び放題】
Famm Famm
【ママ向け/無料シッター付き】
レイズテック レイズテック
【永久サポート付き】
デイトラ デイトラ
【1ヶ月あたり3万円で安く学べる】

© 2022 デザイナーの道しるべ